オンラインサービスの世界
書類記入なんてもう古い!
image

最近では、役所で取り扱っているさまざまな制度がオンラインサービスに対応し始めています。昔はわざわざ紙の書類に記入をして、役所に出向いて届け出るしかなかったことでも、いまでは自宅にいながらにして簡単に済ませることができるようになっています。その代表例が、確定申告書の提出ではないでしょうか。
毎年二月に、確定申告をする必要があり、これは税務署に行って申告書を提出することで済ませられるのはみなさんご存知の通りです。しかし、窓口が少ないために非常に混みあうことでも有名になっています。仕事を一日できなくなってしまうということで、オンラインで受付をしてくれたらいいなという声が多かったのです。その要望が、最近実現したのです。e-Taxという制度が始まっていて、これを利用すると、自宅に居ながらにして確定申告を済ませることができるわけです。利用するのには、登録が必要ですし、本人確認も必要です。特別にカードを作らなくてはなりませんし、そのカードを読み取る機械まで買わなくてはならないのです。しかし、それは不正防止に必要なことですから仕方ありません。それを揃えるだけで、面倒な申告書の作成もしなくてもよくなります。すべてはオンライン上で記録を打ち込んでいくだけですから、とても簡単に確定申告を終わらせられます。個人事業主の方は時間がないものですから、こういった方法を使えるのは大きなメリットとなることでしょう。並ぶ必要もありませんし、申告書の書き方に悩む必要もありません。ただし、この方法でなら直接税務署の人に質問をしたりはできません。何か分からないことがある場合にはやはり実際に税務署に出向くのが一番なのは変わりないのです。税務署の人は、親身になって相談に乗ってくれるので、書類記入をする必要がなくても何かあれば足を運んでみるのがいいでしょう。
他にも、最近では役所でできる各種届出が続々とオンライン化しているので、調べてみると楽ができる可能性があります。

 
お役立ち情報

実績のコーディングをお考えなら